今治 タオル nhk。 今治タオル組合、NHK「実習生ブラック労働」が下請けであることを明らかに「責任を重く受け止め」(BuzzFeed Japan)

NHK「ブラック工場」放送で大揺れ 今度は「今治タオル工業組合」が声明: J

今治 タオル nhk

それでもネットの過熱は収まらず、同社は26日にもサイトを更新。 また、私たち消費者は商品がどのような過程で製造されているのか、改めて確認したい。 組合の自浄作用に期待したいです」 NHKはきちんと今治タオルのことについて全国に説明して欲しい 地方産業潰されてしまうよ 「今治タオル」のブランドを名乗れる企業には厳しい基準があります 「今治で作ったタオル」とは違います— さとちゃん𓅪 1Eb2fGdO8TWMghA 「放っておくと大変なことになる」 今治タオルの地元の関係者によると、NHKの番組放送以降、取引先などから「大丈夫でしょうか」といった連絡が相次ぎ、 「苦情が殺到というほどではないが、SNSの動きなどを見るうちに、放っておくと大変なことになる」と感じたという。 それを心の底から誇れるようなものにするのが国の務めだと思っています。 同担当者は、「時間をかけてもやっていく。 それは 「ロゴマークがあるか」です。 6月24日夜の『ノーナレ』では、愛媛県の縫製工場で働く低賃金、長時間労働を強いられるベトナム人技能実習生が取り上げられた。

次の

NHK報道の“ブラック工場”は「組合員等の下請企業」 今治タオル工業組合「責任を非常に重く受け止める」(2019年6月26日)|BIGLOBEニュース

今治 タオル nhk

ネットの憶測の根拠とされている要素や疑惑について1つ1つ打ち消したほか、「万が一誹謗中傷の記事が訂正・削除されていない又は継続しているようであれば、遺憾ではございますが法的措置も検討しております」との姿勢も示した。 オルネットはこれを受けて、関連会社を含め技能実習生の雇用を行っていない旨を説明し、番組内で紹介された企業との関係性を否定するコメントを公式サイトで発表。 組合「道義的責任を非常に重く受け止め」 今治タオル工業組合は5月時点でタオル製織会社104社が所属し、タオル生産に関する情報収集・提供、調査研究や、今治タオルの振興事業を行っている。 法律など絵に描いた餅と化している。 そして、写り込んだ建物をGoogleストリートビューで「特定」する人たちが現れたのだ。 森清タオル・オルネットは今治タオル工業組合に所属する企業の1つ。 また、仕事中に脳出血で倒れ意識不明の状態が続いている実習生につきましては、外国人技能実習機構(同機構)が早急に事実を確認しているとのことですが、一日も早い回復を願っております」 放送内容の事実関係について情報収集を進めているとして、「現時点で当組合が把握している事実」を4点公表した。

次の

NHK報道で不買運動に発展。炎上する今治タオルにみるコンプラ、ブランド管理の難しさ

今治 タオル nhk

— 千 hako1000acm 【拡散希望】 今回の技能実習生の件、マップで会社が特定済と騒がれてるけど、あれは大家さんの会社で、日本人だけ雇って真っ当にやってるらしい。 残業代の支払いは40時間分のみ• ネット上の著名な論者であるちきりんさんはこうTweetしている。 何かあれば「ベトナムに強制帰国」と脅される。 使い勝手や品質に限らない「倫理的な正しさ」を含むブランドのコンプライアンスリスク管理に向き合う時代であることは、地方の中小企業や地域ブランドであっても例外ではない。 今治タオルの振興を進める組合として「この問題を非常に重く受け止めております」とした。 — ちきりん InsideCHIKIRIN 地元の今治タオルの基準をクリアしているタオルメーカーの経営者は、「今治ブランドは厳しい基準を設けてブランドを保持してきた。

次の

NHK報道で不買運動に発展。炎上する今治タオルにみるコンプラ、ブランド管理の難しさ

今治 タオル nhk

当該企業と当組合との直接の接点はありません。 残業は月に180時間• サステナブル・ブランド ジャパン編集局=小松遥香 今年6月末、NHKのドキュメンタリー番組「」が映し出した下請け工場の実態と技能実習生が直面する現実はあまりにもひどかった。 人他社では働きすぎて心臓破裂で死んだ人間も — 哲学ニュースnwk nwknews• では、今治タオル自体の歴史も紹介しておきますね。 まず、本報道にありましたベトナム人技能実習生の皆さまが受けた耐え難い苦痛に対しまして、当組合では社会的責任及び道義的責任を非常に重く受け止め、事実確認を進めております。 消費者の皆さんの行動にも希望を見出したい。

次の

今治タオルのメーカー14選!お気に入りのブランドはどこ?

今治 タオル nhk

外国人労働者、それも地位の低い労働者にそれが守られることがないことは容易に想像がつくはずである。 そのうえで、「本報道にありましたベトナム人技能実習生の皆さまが受けた耐え難い苦痛に対しまして、社会的責任及び道義的責任があると考えており、この問題を非常に重く受け止めております」などとしている。 「さっきの話も同じなんだけど、『過去には許されていたこと』『過去には問題にさえならなかったこと』でも、無思考に続けてたら会社の存続を危うくする時代になってるってことを、みんな理解すべき。 1点目は「ベトナム人技能実習生の受入企業(当該企業)は、当組合に所属する企業(組合員)ではありません」というもの。 世界の流れも変わっている。

次の

ノーナレ・今治タオル工場の会社はどこ?奴隷労働の社長の名前特定はデマだった件について!-shuly

今治 タオル nhk

「本報道にありましたベトナム人技能実習生の皆さまが受けた耐え難い苦痛に対しまして、当組合では社会的責任及び道義的責任を非常に重く受け止め、事実確認を進めております。 インターネット上で誹謗中傷を受ける事態に発展しており、やり玉にあげられた企業が憶測を否定する声明を出すなど、混乱が広がっている。 また、「明日組合で話し合うと言っている」とあった組合は、外国人技能実習生関連の団体で、今治タオル工業組合とは別の組織としている。 2点目に示したのは「当該企業は当組合員等の縫製の下請企業であることから、当組合も社会的責任及び道義的責任を重く受け止めています」という同組合の姿勢。 組合は「重く受け止めている」 こうした状況を受け、タオルを製織する企業104社が加盟している「今治タオル工業組合」が公式声明を発表した。

次の

NHK「ノーナレ」報道についてのご報告

今治 タオル nhk

また番組内で触れられた「『明日組合で話し合うと言っている』とある組合」も、「外国人技能実習生の監理団体(受入を行う協同組合)であるとされ、当組合とは別の組織です。 また、仕事中に脳出血で倒れ意識不明の状態が続いている実習生につきましては、外国人技能実習機構(同機構)が早急に事実を確認しているとのことですが、一日も早い回復を願っております」 放送内容の事実関係について情報収集を進めているとして、「現時点で当組合が把握している事実」を4点公表した。 出典:NHK 愛媛県のタオル縫製工場で働く、ベトナム人技能実習生たちの劣悪な労働環境を訴える様子を取り上げた、NHKのドキュメンタリー番組(6月24日放送)をきっかけに、インターネット上では企業を特定しようとする動きや、Twitter上で「 今治タオル不買」を呼びかける声が上がるなど、今治タオルブランドをめぐる炎上騒ぎに発展している。 「朝7時から15分の休憩を挟んで夜11時まで働いた」「家畜扱いされて、一日中叱られている」「このままでは人が死んでしまう」と涙ながらに訴えるベトナム人技能実習生らは、記者や専門家に助けを求め、最終的には佐賀県にあるシェルターで保護された。 騒動を受けて株式会社オルネットは25日、公式ホームページ上にて関与を否定した。 この場合には、介護施設と提携している日本語学校が人材派遣会社のような役割を果たし、使えなくなった労働者を強制帰国させる役割まで担っていた。

次の

NHK「ブラック工場」放送で大揺れ 今度は「今治タオル工業組合」が声明: J

今治 タオル nhk

「『森清タオル』が否定声明を出すが、疑問の残る展開に」と伝えるトレンドブログも出現した。 スポンサーリンク 奴隷労働の工場の会社名や社長について調査! ベトナム人技能実習生に奴隷労働をさせていた今治タオルの工場ですがネット上では会社の名前や社長に注目が殺到。 一過性のことと捉えず、是正のための取り組みを業界全体で継続していく考えだ。 愛媛県今治市などでタオルを製織する104社が所属する今治タオル工業組合は26日、ベトナム人技能実習生の劣悪な労働環境を報じたNHKのドキュメンタリー番組「ノーナレ」についてコメントを公開。 ただ、実際には一瞬で見分けがつきます。 その試験項目は多岐に渡ります。 「今治タオル」の裁縫工場で働くベトナム人技能実習生が劣悪な労働環境下にある実態を伝えたNHKのドキュメンタリー「ノーナレ」の放送を受け、同ブランド振興団体の「今治タオル工業組合」(愛媛県今治市)は2019年6月26日、声明を発表した。

次の