花 より 男子 二 次 小説。 二次小説 人気ブログランキング OUTポイント順

新たな道へ 15

花 より 男子 二 次 小説

今までだって、司がいなくても大丈夫だった。 」 「あの、、、道明寺さん、 やっぱり梓さんとの結婚は、僕から破棄させて頂けませんか?勝手なお願いだとは、承知の上ですが。 」 「いえ。 」 玲人は、頭を下げた。 14P• 目を覚ましたつくしが一番最初に気になったのは、窓の外の世界だった。 研修先のイギリスから日本に戻って驚いたのは、街のあちこちから春の匂いがすることだった。 。

次の

Last Promise 【花より男子 二次小説】 (2ページ)

花 より 男子 二 次 小説

道明寺さん。 つくしは、急いで類に駆け寄った。 さっき、あきらんちの双子達が噂してたからさ。 つくしの冬に広がるのは、白き優しき世界。 それを、横で見ていた麗香達が近づいてきた。 君も、彼女も。 。

次の

はなみずき さんの小説一覧

花 より 男子 二 次 小説

稜の事なんだけど。 驚きを隠せず、立ち上がれないでいた。 」 梓は、お辞儀して、挨拶をした。 しばらく考えて、それから、またアドレスをピピピッと変える。 ねぇ、花沢類。

次の

新たな道へ 8

花 より 男子 二 次 小説

」 麗香が、稜に教えた。 本当は「さよなら」なんだけど、言いたくなかった。 性別、年齢、製作歴に関わらず、画力の向上に努めるものであれば参加可能。 」 「じゃあ、28日は無理かな、、、」 「いや、行くよ!母さんは、プレゼントだけ渡せば喜んでくれるだろうから。 」 「稜君がどうかした??仕事で何かあったとか?」 「ううん、仕事の事じゃないの。 。 。

次の

L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

花 より 男子 二 次 小説

。 私は、道明寺梓と申します。 」 「じゃあ、、、何?」 つくしの様子に、何か感づいたようだったが続けた。 。 本当は、多くの人が行きかう舗道。 恥ずかしいから、さっさと仕事に戻るとかしなさいよ」 「だって今俺が離れたらきっと牧野どっかに行ってしまいそうだし」 そう言ってふんわり微笑む花沢類の表情にあきらめたつくしは 「・・・じゃあ、トイレの前で待たれるの恥ずかしいから ちょっと離れた所で待ってて」 「あい」 そう言ってそそくさとトイレの中へ入っていった 洗面所の前に立って、蛇口をにねる 自分の顔を鏡で見る 「ふぅ・・・すごい顔」 眼鏡を外し、流れる水を見ながらぱしゃぱしゃと顔を洗った 顔を拭いて一息ついたつくしは、トイレから出て 花沢類の姿を探した・・・が何度探しても花沢類の姿が無かった (なんだ・・待ってるって行ってたのに・・・ しょうがないか・・そもそも仕事でこっちに来てるんだし・・ 今はすごい偉い人なんだし・・・ はっ!!・・どうしよう・・・今気づいた・・ 今更だけど、佐々木さんたち置いてきちゃったよ・・・) そんなことを考えながらおろおろしていると 背後から『くっくっ・・』と笑う声がした つくしが振り向くとそこには腹を抱えて笑いをこらえている 花沢類の姿があった 「花沢類!!笑うな!!」 そう言ってもなかなか笑うことをやめてくれない 「じゃあ、もうずっと笑ってれば?」 つくしは花沢類の笑いを止めることを諦めた しばらくすると笑いも収まってきたのか 「あー本当久しぶりに笑った」 そう言って花沢類の笑顔をつくしに向けた 「あっそう!!よかったね(怒」 つくしは嫌味を言うように言ってやると 「だってさ、こんなに笑えたの4年ぶりなんだ・・・」 その言葉に少し罪悪感のあったつくしは言葉につまった 固まっているつくしの手を取り、花沢類は出版社の正面玄関へと向かった 手が繋がったまま、皆のいる前で歩いていく花沢類 出版社という性質上、周りが好奇の目でこちらを見ていた ひそひそ耳打ちしている姿があちこちで見られた それに気づいたつくしは、途端に青ざめ、花沢類の手を振りほどこうとした しかし、ぎゅっと握られている手は強く、離すことが出来なかった (どっどうしよう・・・また新聞とかで書かれちゃったら・・・) そんなつくしの不安をよそに、どんどん正面玄関に足が近づいていく その事がつくしにも分かり、花沢類に声をかけた 「ちょっ、ちょっと!!」 「なに?」 「どこ行くの?仕事は?私、佐々木さんたちの所に一旦戻らないと・・」 手を繋いだまま歩いていた花沢類がつくしの方を向いた 「大丈夫。 彼女の働いていた店を訪ねたが、そこにも彼女の姿はなかった。

次の

新たな道へ 15

花 より 男子 二 次 小説

オレが悪かった、、、。 ・小説やイラストがメインであれば、他のジャンルの記事を含んでいてもノープロブレム。 司は追いかけてはこないだろう。 毎日、彼女の仕事が終わった後、彼女の部屋で一緒に料理を作り、ワインを選んで呑む、それがささやかな幸せだった。 」 「母さんも、会ってみたかったし、オッケーしてくれたら嬉しいわ。 この新規事業が成功に導くことが出来れば、今来ている お前の見合い話についてはとりあえず全て白紙にしてやる・・・ だから、このプロジェクトをなんとしても成功させろ。

次の

二次小説 人気ブログランキング OUTポイント順

花 より 男子 二 次 小説

彼女は、玲人のスタッフに対する横柄な態度が許せず、彼をその場で叱った。 そして、今後のことを含め類を試そう・・・そう思い至ったのだ。 彼女の部屋で暮らし始めて数ヶ月後の事だった。 。 。

次の

新たな道へ 8

花 より 男子 二 次 小説

13P• 」 「オレは、応援してるからさ。 学生から社会人へ。 「稜、おかえり。 」 「いってぇな〜、総二郎押すなよ。 あっ、これがオレの母さん。 知ってる」 「女子トイレの前にいない!!男の人がこんなところにいたら みんなびっくりするよ。

次の