Kpmg フォーラム 2019。 KPMGコンサルティング|19年卒 コンサルタントのエントリーシート(ES)の選考体験談|就活サイト【ONE CAREER】

KPMGフォーラム2019

kpmg フォーラム 2019

KPMGコンサルティングのES・書類提出前や採用担当者と会う前に、高倍率な場合でも通過するようお役立てください。 ハーバード大学客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを経て01年、小泉内閣の経済財政政策担当大臣、金融担当大臣、総務大臣などを歴任。 マッサージルーム(東京事務所内、施術費用:30分、500円)• 各種サークル・クラブ活動• KPMGモビリティ研究所 アドバイザー (兼株式会社rimOnO 代表取締役社長) 全体セッション ~スーパーシティをめぐる国内外の動向~ 各国におけるスマートシティの取り組みの現状と課題について、それぞれ第一線に立つ専門家から紹介する。 その後、当社で新規事業立ち上げやグローバル戦略等に従事。 「TCFD提言と今後の展開」 藤村武宏(気候関連財務情報開示タスクフォースメンバー、三菱商事株式会社サステナビリティ・CSR部部長)• 研修後は、弊社コンサルタントの指導の下、企業の抱える経営課題をテーマとしたケーススタディに取り組み、現状分析から課題の抽出、解決策の立案までの業務を体験していただきます。 柳橋 達也 日本における5G、IoT関連の技術を統括。 岩田 太地 現在、NECにて新規デジタルビジネスの企画実行を推進。

次の

4監査法人合同フォーラム「今、監査法人に求められる使命」を1月24日に開催

kpmg フォーラム 2019

資本市場の発展、さらには国民経済の未来のため監査法人が果たすべき使命について、ステークホルダーの皆様と共有すべく、「今、監査法人に求められる使命」 - グローバル化・デジタル化する経済社会の未来のために - と題したフォーラムを開催します。 EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバルネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。 この度、有限責任 あずさ監査法人、EY新日本有限責任監査法人、有限責任監査法人トーマツ、PwCあらた有限責任監査法人は、日本経済新聞社と共催で、4監査法人合同フォーラムを開催する運びとなりました。 佐久間 洋司 1996年東京都生まれ。 2003年紫綬褒章、2006年日本学士院賞、2015年ITU150Award。

次の

KPMGフォーラム2019

kpmg フォーラム 2019

KPMGコンサルティングは世界152か国にわたるグローバルネットワークに、189,000名のスタッフを擁するKPMGのメンバーファームです。 国内約40都市に約3,300名の公認会計士を含む約6,500名の専門家を擁し、大規模多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。 選考時期・卒業時期については、ご相談に応じます。 これまでに、インド国民IDを利用し銀行口座開設と取引を可能とするデジタルインフラ事業や、三井住友銀行とのフィンテック・ジョイントベンチャーを社内起業として立ち上げてきた。 執行役員当時の2017年にFIWARE Foundationに参画しボードメンバー就任。 Daniel Levine 東京ラーニングセンターにおいて、東京を拠点とする事業とプログラムのスタッフを管理している。 谷崎 勝教 東京都出身。

次の

経営イノベーションフォーラム 見えてきた次世代RPA~インテリジェントオートメーションへの挑戦

kpmg フォーラム 2019

ドイツ製薬工業協会の経済部長を経て、2004年から欧州委員会に入職。 「ネットワークで繋いだ先に、何が出来るのか?」 実現するうえでのコストと、その先のリターンを見据えた上で、地に足のついた生産改革の取り組みが求められている。 <プログラム概要> はじめに基礎研修を通じて、ケーススタディを行うために必要なスキルセットを身につけていただきます。 さらに、KPMGコンサルティングのESの通過率を上げるために深く選考対策したい方に向けて「選考ステップ」では自己PRや学生時代に頑張ったことに含めるべき、重要な評価基準とES提出時の注意点を解説しています。 Yahoo! Stefan Kramer 英国ウエストミンスター大学で経済学の博士号を取得。

次の

経営イノベーションフォーラム 見えてきた次世代RPA~インテリジェントオートメーションへの挑戦

kpmg フォーラム 2019

City of Helsinki Chief Digital Officer The City of Helsinki Forum Virium Helsinki, Chairman of the board 「プラットフォーマー」という表現が日本でも定着してから久しいが、スマートシティ分野においても、都市のデジタル基盤を支える「シティプラットフォーマー」の存在が欠かせない。 寺村 行生 1997年郵政省入省。 2018年より現職の取締役 副社長兼CIOを務める。 望月 康則 モデレーター 1987年NEC入社。 IEEE Life Fellow。 執行役員当時の2017年にFIWARE Foundationに参画しボードメンバー就任。 ICT業界において25年以上の経験を持ち、シスコにおいて、エンタープライズ ネットワーク事業のワールドワイド セールスの責任者や、アジア パシフィック アンド ジャパン地域の最高技術責任者 CTO など、グローバルに数々の要職を歴任している。

次の

4監査法人合同フォーラム「今、監査法人に求められる使命」-グローバル化・デジタル化する経済社会の未来のために-

kpmg フォーラム 2019

企業環境のグローバル化およびデジタル化はさらに加速しています。 中国中央政府による都市化の政策の形成に参加し、「中国城鎮化発展戦略」や「国家新型城鎮化計画」など、中国の都市化発展の戦略などを主導。 工学博士。 住田 智子 2000年コロンビア大学産業心理学修士取得後、フューチャーシステムコンサルティングに入社。 同氏は、中国の「メコン圏中部地域に対するベルト・アンド・ロード・イニシアチブ」に関する投資委員会の委員長を務めている。 具体的には、都市化によるMegacityの拡大(豊洲事例)やGlobal IssueであるAging Societyへの対策(阪大情報銀行事例)などに、様々な観点から人々のくらしを支える「まちづくり」に係るキーパーソンによる講演・パネルセッションを開催する。

次の